「愛Wishプロジェクト」とは?

 

 文化芸術を通した共生社会の実践に挑むプロジェクトです。

障がい者含めた老若男女が共に踊るという空間に、

特別な意義も価値もあると位置づけ活動しています。

 

 

 1985年岐阜市文化センターにて聴覚障害者含む男女30名以上での創作ダンス発表が基盤となり、東日本大震災をきっかけに2011年12月、障がい者含む老若男女が共に踊る「愛Wishプロジェクト」を立ち上げました。

 

「普段の活動状況」

毎週、中部学院大学各務原キャンパス内にてダンスレッスンを実施しています。毎年定期的な発表、そして出張ダンス指導を実践中です。

 

 

「これまでの活動実績」

2012年4

JR岐阜駅杜の架け橋 聴覚障がい者含む老若男女50名でのダンスパフォーマンス開催 

2013年11月

岐阜聾学校にて体育の授業でダンスレッスン開催し校内発表開催 

2014年12月

多治見市南姫公民館 岐阜聾学校生徒含む老若男女10数名でダンスパフォーマンス開催

2014年3月

下呂市飛騨小坂の廃校になった湯屋小学校体育館 聴覚障がい者含む老若男女100名で邦楽生演奏とダンスパフォーマンスイベント開催

2014年11月

下呂特別支援学校の授業でダンス指導行い、同校生徒及び聴覚障がい者含む老若男女110名で邦楽生演奏とダンスパフォーマンスイベント開催

2014年12月

多治見市 南姫公民館 チャリティイベントに参加し6名でダンスパフォーマンスと手話ダンスをレクチャーし会場のお客様と一緒に実演。

2015年7月

一宮市 ワッショーいちのみやに初めて参加した一宮市聴覚障害者協会の振付とダンス指導担当。パフォーマンス賞を受賞。

2015年8月

ダンスコーラスグループbless4のダンスコンテストで優勝。

2015年11月

岐阜本巣特別支援学校の授業でダンスレッスン行い、同校生徒及び聴覚障がい者含む老若男女80名で邦楽生演奏によるダンスイベント開催

2015年12月

岐阜本巣特別支援学校でダンスイベントに参加出来なかった生徒の皆さんと校内ダンス発表会開催。

 2016年8月

長良特別支援学校、中農特別支援学校でダンスレッスンを行い、楽市JAZZ楽団とのコラボレートによるダンスイベント開催。

2017年9月15日

愛知県主催「あいちアール・ブリュット」で「LOVE&PEACE2017」の舞台発表。愛知県内の福祉施設「ひまわりの風」「あいち清光会」でダンスレッスンを開催。義足のダンサー大前光市さん、サックスプレーヤー山崎貴大さん、声楽家篠田弘美さん参加。

2017年9月18日

中濃特別支援学校でダンスレッスンを行い、ダンスイベント開催。義足のダンサー大前光市さん、サックスプレーヤー野々田万照さん、声楽家篠田弘美さん参加。

2018年2月
スマートタッチダンスコンテストで特別賞を受賞。

2018年7月

日本小児看護学会での手話を交えたダンスの舞台に出演。

2018年8月10日

福祉施設あいち清光会の皆様、義足のダンサー大前光市さん含む、総勢70名、名古屋市文化振興事業団共催

ダンスイベント「マカニーとエルド」舞台発表。

2018年8月11日
岐阜清流高等特別支援学校の生徒さん90名、義足のダンサー大前光市さん含む、総勢160名、

岐阜県教育文化財団助成

ダンスイベント「マカニーとエルド」舞台発表。

2019年2月3日

下呂市福祉講演会にて、絵本「ぞうれっしゃがやってきた」朗読劇発表。
ドキュメンタリー映画「愛Wishプロジェクト~もうひとつの愛Wish」

絵本作家:小出隆司先生、映像作家:立松謙三監督との、トークイベント開催。

2019年8月17日
愛知県小牧市、あいち清光会「サンビレッジ」にて、朗読会開催。
3年連続で舞台に共に立つ福祉施設の利用者ダンスメンバー全員と愛Wishプロジェクトメンバーとのコラボレートダンスも披露。絵本「ぞうれっしゃがやってきた」作者:小出隆先生のトークイベント
も開催。

2019年8月22日
名古屋市中村文化小劇場で朗読劇とトークイベントを開催。

舞台上でプロジェクターと舞台照明も使った絵本の朗読劇と絵本{「ぞうれっしゃがやってきた」作者:小出隆先生のトークイベント開催。

 

何故この取り組みをはじめたのか

 

東日本大震災のあと、30年前にダンスを一緒に踊った岐阜ろう劇団いぶきのミュージカルの舞台の振付を担当することになりました。それに伴い、被災地に何か応援メッセージを発信できないかと、障がい者含めた老若男女が共に踊るというダンス映像を作成しました。

 

その後、ろう劇団のミュージカルでは、手話を交えた振付をはじめて構築し、それを皆さんと一緒に練習している時に、これをやり続けて行こうと思いました。その舞台終演後、聾学校や特別支援学校の生徒さんたちと共に踊る機会を頂きました。

 

毎年、身体の温度調整が出来ない子供たちや、ダンスレッスンがはじまると突然ハイになって走り回ったり飛び跳ねたりする生徒や福祉施設の利用者の皆さんのところまで出張し、ダンスレッスンを行います。各学校教諭陣や福祉施設のスタッフの方々も、共にダンスの練習に参加してくださいます。

 

 

各地で開催した様々な活動に、たくさんの事を教えてもらっています。

 

下呂市でのイベントの際、はじめてダンスに取り組んだ70代女性は、初稽古の翌日トイレに座れないくらいの筋肉痛に襲われましたが、練習を重ね、生まれて初めて障がい者と一緒にダンスを踊りました。

 

 

体験後彼女は、

「私、今まで(障がい者を)かわいそうな人たちと思っていました。でも違うんですね。明るく生きてるんですね。私たちと一緒なんですね。」

と言われ、そのまま8か月後のダンスイベントにも参加され、本番前の緊張でがたがたと震えている時に前回一緒に踊った聴覚障がい者の男性に笑顔と手話で『ガンバッテ』と言われて涙が出たそうです。彼女からは、

「障害のある方々の元気なお姿を拝見出来、嬉しいです。励ましたいと思っているのに、元気を戴くのは、私で、感謝します。」

という感想が届きました。

 

 

 

健常者も障がい者もなく、お互いを知るということだけでも意義があり、同じ舞台に向かって心やからだがひとつになるということが貴重な空間であるということを教えてもらっています。

 

新しく手話サークルへ通い始めた方、引き続きダンスを練習する福祉施設の方々、障がい者に対しての偏見が消えたと喜ぶ方、障がいを抱えている方々と共に踊れたことは貴重で感動したという福祉関係の学生たち、また参加したいと言ってくれる音楽家やダンサーたち、また観たいと感想をくださるお客様たちの嬉しい声を頂きながら活動しています。